ヤマちゃんの備忘log

日々のこと、株式投資のこと、ポイント活動のことを思いつくままに備忘録として綴っています。

今週の日経平均株価分析(2月22日~26日)

 こんにちは、ヤマちゃんです!

 

  今週は米長期金利が急上昇したことを背景に各国の株価が同時に下落する展開となりました。

  同じく米長期金利の上昇を発端とした下落で記憶に新しい(忘れもしない!?笑)のが2018年10月です。

 果たして歴史は繰り返されるのでしょうか?

f:id:y-yamachan:20210226234557p:plain

 2018年と現在の日経平均株価のチャートの類似点もこの後述べていきますが、米長期金利の上昇をきっかけとした下落が気になる今週です。

 

 それでは、今週の日経平均株価を振り返っていきます。

月足

 先月に引き続き2月の月足も長い上髭を形成し上値の重たさを感じるローソク足となっています。2月の中旬にかけては高値を更新する勢いが見られたものの、終値ベースでは1月高値を超えられずに高値圏で停滞している形となりました。

f:id:y-yamachan:20210226212449p:plain

週足

 長い上髭を形成した先週のローソク足終値より高く寄り付いて始まるも、上昇の勢いは継続せず週足としては「陰の大引け坊主」となっています。

 先週のローソク足と合わせると「陽陰の包み線」の組み合わせを形成しており、高値圏での下落警戒サインとなっています。

 2018年、2020年の様に下落のパターンになるのか、先月末の様に反発するのか、来週の判断を誤らないようにしていきます。

f:id:y-yamachan:20210226212515p:plain

日足

 今週は前週末の下落から一旦反発して始まったものの、週末に向けて高値と安値を切り下げながら下落していく一週間となりました。

 5分足で見ると高値安値の切り下げが綺麗に見て取れます。

f:id:y-yamachan:20210226210155p:plain

 上向きだった25日線が金曜日の陰線で横向きに転じつつあり、上昇からBOXに移行した可能性が色濃くなったと考えられる週末となっています。

 水曜日の陰線は2/12から2/15にかけて空けた窓の上限手前で下げ止まっていることから「窓を埋めたくない=下げたくない」という意思が感じられたものの、金曜日に窓を埋める陰線を形成したと同時に2/15および2/22の安値(=ネックライン)を割り込んだことで「売る」動作が必要な場面だったと考えられます。

f:id:y-yamachan:20210226210255p:plain

 一方で金曜日の終値は25日線、2/16高値(30,714円)→2/19安値(29,847円)のE値:28,980円、1/14高値(28,979円)と意識される価格帯が重なり、下げ止まる可能性もあることから「買う」動作も必要だったと考えられます。

f:id:y-yamachan:20210226210315p:plain

 10/30を起点とした上昇は高値を上抜ける度に、調整時の押し目が前回高値付近となっている傾向が見られます。今回の調整も「買い場」となるのか、もしくは「下落の入り口」となるのかしっかりと見極める必要があります。

f:id:y-yamachan:20210226210336p:plain

 日柄で見ると金曜日は2/16の高値から8日目であり「9日」の日柄が意識されているのであれば、短期的な底打ちの可能性もあると十分に考えられます。

f:id:y-yamachan:20210226210350p:plain

 また、10/30、11/30、1/29と月末は大きめの陰線を形成し、翌月から上昇に転じる傾向が見られていることからも、来週の寄り付きおよび終値が金曜日の安値を割らなければ、再度上昇に転じる展開も十分に考えられそうです。

f:id:y-yamachan:20210226210423p:plain

 大きめの陰線で25日線とネックラインを同時に割れた後の傾向は1月最終週の分析にも記載しており、月曜日の寄り付きの位置によって反発か続落かの最初の判断をしていきます。 

f:id:y-yamachan:20210226211312p:plain

 水曜日の陰線でボリンジャーバンドの+1σを割ったものの、翌日に+1σを回復して反発したことから「バンドウォーク」のシナリオが継続していましたが、金曜日の陰線で明確に+1σを割り込みバンドウォークのシナリオはなくなりました。

 +2σ、+3σが下向き、+1σが横向きに転じていることから1/29から始まった短期的な上昇が一旦終了したことが各バンドの向きからも窺えます。

f:id:y-yamachan:20210226210449p:plain

 今後、BOX相場に移行するのであれば、+1σや+2σに上値を抑えられることが考えられるため、反発した際の上値の目途として各バンドにも注意を払う必要があります。

f:id:y-yamachan:20210226210508p:plain

値幅の目途

 ネックラインを割れたということで、下値の目途をフィボナッチおよびN値、E値、V値で探ってみます。

 2/16高値(30,714円)→2/24安値(29,671円)→2/25戻り高値(30,213円)とした場合。

 N値=29,170円:達成済み

f:id:y-yamachan:20210226210619p:plain

 E値=28,628円

f:id:y-yamachan:20210226210645p:plain

 V値=29,129円:達成済み

f:id:y-yamachan:20210226210716p:plain

 1/29安値→2/16高値の上昇幅で見た場合。

 61.8%押し=28,808円2/5から2/8にかけて空けた窓と重なってきます。

f:id:y-yamachan:20210226210759p:plain

 12/8安値→2/16高値の上昇幅で見た場合。

 38.2%押し=29,038円:達成済み

 50%押し=28,520円

 61.8%押し=28,003円

f:id:y-yamachan:20210226210829p:plain

 10/30→2/16高値での上昇幅で見た場合。

 23.6%押し=28,881円

 38.2%押し=27,747円

 50%押し=26,831円

 61.8%押し=25,915円

f:id:y-yamachan:20210226210907p:plain

 金曜日の終値28,966円に対しては、28,800円~28,900円の節目が該当していることになりますが、来週以降も続落するのであれば28,500円付近が次なる値幅の目安として意識されそうです。

 

 同様にして来週以降反発した際の上値の目途をフィボナッチで探ってみます。

 2/16→2/26の下落幅で見た場合。

 23.6%戻し=29,378円:2/8から2/12にかけて保ち合った水準

 38.2%戻し=29,633円:2/12→2/15の窓と重なる

 50%戻し=29,840円:2/19安値と重なる

 61.8%戻し=30,046円

f:id:y-yamachan:20210226210956p:plain

 反発した際の上値の目途もこれまで保ち合った水準や窓が重なっており、意識されやすい可能性がありそうです。

過去チャートの類似点

 10月以降の調整時と比較して、今回の下落では5日線が急角度で折り返しています。

f:id:y-yamachan:20210226211438p:plain

 同じように急角度で5日線が折り返して25日線まで株価が調整したパターンは2020年の6月、2018年の10月が参考になるかもしれません。

 25日線到達後、翌日に安値を割らずに寄り付いて反発するのが2020年。

f:id:y-yamachan:20210226211510p:plain

 25日線到達後、翌日も続落して値幅を伴う下落をするのが2018年パターン。

f:id:y-yamachan:20210226211534p:plain

 どちらのパターンにもなり得ることを想定しておくと慌てずに対処できると考えますが、ファンダメンタルとチャート形状の双方が現在と類似している2018年10月が気になるところです。

TOPIX

 TOPIXは明確に25日線を割っており、1月の高値および10月からの上昇のトレンドラインで下げ止まるかを確認していくことになります。

 今週は日経平均株価以上に個別株が弱さを見せていたことが窺えます。

f:id:y-yamachan:20210226211706p:plain

指標

 25日騰落レシオは先週に引き続き心地良い水準である100前後に留まっています。

 続落するのであれば80近くまで騰落レシオが下げる展開、反発するのであれば再び120を目指す展開の両方が考えられます。

f:id:y-yamachan:20210226211954p:plain

 調整した金曜日に空売り比率が上昇し、40台を記録しました。同じく40台を記録した先週金曜日は「買い場」となりましたが、同じ傾向が今週も当てはまるのかを来週以降確認していくことになります。

f:id:y-yamachan:20210226212011p:plain

 先週の投資主体別売買状況は海外勢、個人共に僅かに売り越しとなっています。

 一方で個人(信用)は先月から強気に買い越しており、今週末の下落で苦しい状況になりつつあることも窺えます。

f:id:y-yamachan:20210226212103p:plain

来週の戦略

 BOX入りした可能性があるとみて立ち回ります。

 BOXの際の上値と下値の目先の目途は上下の窓を意識したいと思います。

f:id:y-yamachan:20210226212148p:plain

 また、来週の寄り付きが金曜日のローソク足の実体の中で始まるのであれば一旦の「買い」を入れる場面として対処していきます。

 続落して下の窓で下げ止まらない場合には先程記載した28,500円水準、1/29安値を意識して立ち回ろうと思います。

意識する日柄

・2/16高値から9日目の3/1

・1/14高値から33日目の3/3

社会貢献活動~献血&募金~

 こんにちは、ヤマちゃんです!

 

 突然ですが皆さんは日常生活で毎月決まったルーティーンはありますか?

・マッサージで体のメンテナンス

・遠出のドライブ

・神社へのお参り

etc…

f:id:y-yamachan:20210211171435j:plain

 私はルーティーンがあることで日常生活にもメリハリができ、惰性で一日を過ごしてしまうことが少なくなっていると感じます。

 

 そして私も皆様と同じように毎月決まったルーティーンがいくつかあり、学生時代からかれこれ8年以上継続しているものもあります。

 その1つとして社会貢献活動があります。

f:id:y-yamachan:20210211190627j:plain

 社会貢献活動と私自身で発言するのも可笑しなことであると重々承知していますが、今回は毎月行っている「献血」と「募金活動」について、協力している理由と共に昨年(2020年)の活動記録を振り返ってみたいと思います。

 「こんな理由で活動に取り組んでいる人もいるんだな~」という気持ちで読み進めてもらえると嬉しいです。

献血を始めた理由

 献血は学生時代に所属していたサークルでのボランティア活動の一環として協力したことがきっかけです。

 初めての献血時は「献血って時間がかかるし、注射されるから嫌だな~」とばかり思っていましたが、貧乏学生にとって「ジュース飲み放題、お菓子食べ放題、漫画・雑誌読み放題」の魅力はあまりにも衝撃的でした(笑)

 

 気が付けば次回の献血可能日が待ち遠しくなり、隙間時間を見つけては献血ルームに通うことが習慣になっていました。

 献血に一定回数以上協力すると「お礼の品」もいただけるため、「微力ながらも社会の役に立てているんだな」と実感することができます。  

献血について

 現在、私は体への負担が少ない「血小板献血」に協力しています。

 血小板献血は次回献血可能になるまでの期間が400ml献血よりも短いため、1ヶ月に1回のペースで協力することできます。

 また血小板は血液と比べて保存期間が非常に短く、常に医療現場からの需要が絶えない状況でもあり、血小板献血を行うことによって「誰かの命が救える」と実感することができます。

f:id:y-yamachan:20210211190750j:plain

 献血ルームの常連になった今では、コロナ禍で献血協力者が激減した際や、血小板が不足している時に献血の依頼がくるので、それなりに頼りにされている(社会に貢献できている)のではないかと思います。

2020年献血記録

 2020年は献血回数が節目の70回に到達し、記念品とお礼状をいただきました。

f:id:y-yamachan:20210211175356j:plain
(左から順に10回、30回、50回、70回の記念品)
f:id:y-yamachan:20210211175433j:plain

 飲み物とお菓子が無料で食べ飲み放題だから、という単純な理由で協力していた献血ですが、どこかで人の役に立っているという実感を得られてからは忙しくても必ず時間を取って協力するようにしています。

 

 2021年も健康管理に気を付けて、毎月献血に協力できるようにしていきます。

募金を始めた理由

 募金を毎月行っている理由は下記の通りです。

社会との接点を感じていたいから

 私はうつ病を発症して半年近く休職する時期がありました。

 休職して2ヶ月程は人と会うことも億劫で、自宅から外出することも殆どありませんでした。

 しかしながら、休職して3か月程度が過ぎてうつ病の症状が徐々に軽くなり、気持ちが前向きになってくると

社会・人との関わりがないことが精神的に苦しい

 と感じるようになりました。

 

 その時に仕事以外で社会・人と繋がっていることを実感するために私自身に何ができるか?を考えた結果「募金」という答えに辿り着きました。

募金記録

 一口に募金と言っても現金に限りません。

 私が行っているのは主に「ポイント募金」になります。

 Tポイントが毎月一定数貯まるのですが、私にとってはあまり使い道がないためポイントを全額 Yahoo!ネット募金に寄付しています。

 2020年に寄付した額は合計で13,548円でした。

f:id:y-yamachan:20210220211217p:plain

 毎月付与されるポイント数はそんなに多くはありませんが、1年間トータルで見るとそれなりのポイント数を寄付できているんだなと実感できます。

 

 金額が全てではありませんが、私の「人生でやりたいことリスト」の1つに

募金額50万円

 という目標もあるため、微力ながら毎月コツコツと社会のために自分にできることを継続していきたいと思います。

おわりに

 私の好きな言葉の一つに「継続は力なり」があります。

 勉強にしても運動にしても、「継続することの難しさ」「継続することの大切さ」は全てのことに共通しているのではないでしょうか?

 

 自分の決めたことは最後までやり抜く、という性格でもあるため2021年も私なりに社会貢献活動は継続していきたいと思います。

 

 この記事がきっかけで「自分も社会貢献活動をしてみようかな?」と思えた方がいらっしゃいましたら、小さなことから始めてコツコツと継続していただけると嬉しい限りです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

今週の日経平均株価分析(2月15日~19日)

 こんにちは、ヤマちゃんです!

 

 日経平均株価が1990年の8月以来、実に30年半ぶりに30,000円台を記録しました。 

 1990年はバブル崩壊が始まった年。そして私が生まれた年(笑)。

 バブル当時、世の中がどんな状況だったか体験していないので分かりませんが、当時の写真を見てみると物凄く活気に満ち溢れている時代だったことが伝わってきます。

 今の日本も一日も早くコロナウィルスが収束して、バブル当時とはいかないまでも活気に満ち溢れた世の中が訪れてほしいと切に願っています。

 

 それでは、今週の日経平均株価を振り返っていきます。

週足

 先週に引き続き、今週も上昇の勢いは止まらず、日経平均株価は30年半ぶりに30,000円台を記録しました。

 30,000円台を記録したことで達成感による利益確定が出たためか、ローソク足は長い上髭を形成しており上値の重さを感じる週足となっています。

f:id:y-yamachan:20210219232203p:plain

日足

 窓を空けて直近高値を上抜けた月曜日の寄り付きは「買う動作」を行う必要がある場面となりました。結果的に直近高値を上抜けたことで上昇に弾みがつき30,000円台に乗せる動きとなりましたが、週末にかけては利益確定売りも重なって、株価としては「行って来い」に近い値動きとなっています。

 火曜日、木曜日に比較的長い上髭を形成していることから上値の重たさを感じ取ることができますし、火曜日水曜日で「陽陰のはらみ線」、水曜日木曜日で「陰陰のたすき線」の組み合わせとなっていることから一旦の売りが出やすい状況も見て取れます。

 また、木曜日安値:30,140円、金曜日高値:30,169円、金曜日終値:30,017円で厳密には窓は空いていませんが、終値ベースで窓を埋められなかったことから、「アイランドリバーサル」に近いフォーメーションを今週は形成しています。

 今後の株価の動きとしては、終値ベースで窓を埋められるか否かに注意する必要がありそうです。

f:id:y-yamachan:20210219232245p:plain

 月曜日の寄り付き時点でボリンジャーバンドの+2σを回復したことも「買う動作」を行う理由の1つになっています。 

 火曜日は+3σで綺麗に上値を抑えられ、週末にかけては+2σを割ってきたことから+2σをサポートとしたバンドウォークのシナリオはなくなりました。

f:id:y-yamachan:20210219232454p:plain

 今週の株価の動きを5分足で辿ってみると、月曜日から火曜日にかけて空けた窓の上限である30,200円付近が下値サポートとして機能していたことが分かります。

 30,200円を割った金曜日には窓の上限が上値抵抗として意識されている動きが見られ、来週以降は30,200円が意識される節目の1つと考えられそうです。

f:id:y-yamachan:20210219232411p:plain

 また火曜日高値→木曜日高値を結んだトレンドライン(上値抵抗線)の傾きで綺麗なチャネルラインを引くこともでき、一旦反発する場面があった場合、30,200円の価格以外に上値抵抗線で上値を抑えられるか否かも同時に注目する必要があると考えます。

f:id:y-yamachan:20210219232519p:plain

 ただし、現時点で上昇トレンドは完全に崩れているわけではないため、+1σをサポートとしたバンドウォークが継続することをメインシナリオとして来週は立ち回ります。

f:id:y-yamachan:20210219232555p:plain

値幅の傾向

 昨年の10/30を起点とした上昇過程で押し目を作る際の値幅の目安をフィボナッチから探ってみます。

 11月に押し目を作った時は約23.6%の調整

f:id:y-yamachan:20210219232737p:plain

 1/29に押し目を作った際も同様に23.6%程度の調整

f:id:y-yamachan:20210219232803p:plain

 仮に来週以降、短期的な調整をする局面があった場合にこれまでと同様に23.6%の押しで止まると考えると28,900円程度までの下げは十分に考えられそうです。

f:id:y-yamachan:20210219232842p:plain

 また、短期的な上昇過程での調整をフィボナッチで探ってみると、昨年12月安値→1月高値の50%押しで調整が完了し今回の急上昇に繋がっています。

f:id:y-yamachan:20210219232905p:plain

 1/29安値→2/16高値として同様に50%の調整をした場合の価格は29,172円となり、先程の28,900円と価格帯が類似してきます。

 値幅調整を挟む場合には29,000円前後が大まかな目安となりそうです。

f:id:y-yamachan:20210219232938p:plain

日柄の傾向

 10/30を起点とした上昇過程で25日線まで押す「底→底」の日柄の傾向を探ってみます。

 10/30→12/22は36日、12/22→1/29は26日となっており、値幅調整(グランビルの買②)をする場合には短期的な日柄である17日や26日が意識される可能性がありそうです。

 一方、日柄調整(グランビルの買③)をする場合には33日の日柄が意識される可能性も視野に入れて立ち回ります。

f:id:y-yamachan:20210219233128p:plain

TOPIX

 日経平均株価とは対照的にTOPIXアイランドリバーサルを形成しました。2018年高値の1,911ポイント付近が下値支持となって再度反発するの見極めていくことになりますが、個別株の勢いが弱まってきたことがTOPIXの動きから感じ取れます。

f:id:y-yamachan:20210219233247p:plain

指標

 25日騰落レシオは再び心地良い水準である100に戻ってきました。日経平均株価が急騰する中で値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を上回り、騰落レシオが下げていることもTOPIXの弱さ(=個別株の弱さ)の裏付けとなっています。

f:id:y-yamachan:20210219233357p:plain

 空売り比率は依然として低水準を推移しており、空売り比率が特に低かった月曜日、火曜日は空売りの買戻しも相まって急騰したと考えられそうです。

f:id:y-yamachan:20210219233418p:plain

 先週の投資主体別売買状況は海外勢が大幅に買い越し、個人が大幅に売り越し(信用は買い越し)となっています。

 依然として海外勢と個人の動きが正反対となっていますが、引き続き海外勢の動向に注目して相場の転換点を探る参考にしていきたいと思います。

f:id:y-yamachan:20210219233434p:plain

 来週の戦略

 前述の通り+1σをサポートとしたバンドウォークが継続していることをメインシナリオとして押し目買いの戦略で立ち回ります。

 +1σを割れた場合は25日線や先週金曜日から今週月曜日にかけて空けた窓を押し目買いのポイントとして狙っていきます。

f:id:y-yamachan:20210219233521p:plain

意識する日柄

・1/29安値から17日目の2/24

・1/6安値から33日目の2/24

・12/22安値から42日目の2/24

・12/8安値から51日目の2/22

今週の日経平均株価分析(2月8日~12日)

 こんにちは、ヤマちゃんです!

 

 日本国内での新型コロナウィルスによる死者が初めて確認されてから明日で1年が経ちます。

 1年前の今頃は新型コロナウィルスがここまで長引くとは思いもしませんでした。

 当たり前の様に毎日出社して、当たり前の様に皆で飲み会をし、当たり前の様に家族と旅行をして…

 当たり前が当たり前じゃなくなった今、ウィルスを気にせずに生活できていた日々の有難みを身に染みて感じています。

 1日でも早くマスクが必要なく、人と人との距離が縮まる生活が戻ることを願うばかりです。

 それでは、今週の日経平均株価を振り返っていきます。

週足

 今週は月曜日から直近の高値および心理的節目の29,000円を勢いよく更新し、SQ日に向けて堅調な動きをした一週間でした。

 先週のローソク足の組み合わせが「陰陽の包み線」と「最後の抱き線」のどちらを示唆しているか見極める週でもありましたが、結果的に前者の包み線で買いサインであったということになります。

 移動平均線では2020年の10月以降、株価>13週線>26週線>52週線の並びの安定的な上昇トレンドが継続しています。

f:id:y-yamachan:20210212231545p:plain

日足

  月曜日の寄り付き時点で実体ベースでの直近高値を上抜けてきたことから「上抜けの可能性がある」と想定ができ、終値ベースで1/14の高値を上抜けたことで27,600円~28,800円のBOX相場の前提は崩れ、上昇トレンド継続と判断しました。

 月曜日の動きとしては、BOX相場を前提として先週末に入れた売り玉を寄り付きと大引けで各々ロスカットして買い玉を乗せる動作が必要であったと考えます。

 SQ日であった金曜日は寄り付きこそ高値を更新するものの、一日の動きとしては軟調で木曜日のローソク足と合わせると「陽陰の被せ線」を形成し上値の重たさを感じる組み合わせとなっています。

f:id:y-yamachan:20210212231622p:plain

 ザラ場高値を更新した金曜日は1/29安値から10日目、1/6安値から26日目で「9日」「26日」が意識されるのであれば目先の高値を付けた可能性が十分に考えられる日柄となっています。

f:id:y-yamachan:20210212231655p:plain

 ボリンジャーバンドを見ると月曜日に+1σをサポートにして上昇しています。ただし+2σには急角度で再上昇していく勢いが見られず、株価は緩やかな傾きの+2σに上値を抑えられている印象も受けます。

 また、週末の陰線で+3σが下向きに転じたことから来週以降、+2σ、+1σが収束に向かう動きを見せるのであれば再びBOX相場入りする可能性もあると見て立ち回る必要がありそうです。

f:id:y-yamachan:20210212231712p:plain

 しかしながら現状は+1σを割れていないことから、+1σをサポートとしたバンドウォークが継続している前提で来週は立ち回っていきます。

f:id:y-yamachan:20210212231733p:plain

値幅計算

 直近高値を上抜けたことでN値、E値、V値で上値の目途を探ってみます。

1/29安値:27,629円→2/3高値:28,669円→2/4安値:28,325円として見た時、N値=29,365円で達成済み。

f:id:y-yamachan:20210212231905p:plain

 V値=29,013円で達成済み。

f:id:y-yamachan:20210212231930p:plain

 E値=29,709円で未達成。

f:id:y-yamachan:20210212232000p:plain

 E値の29,700円付近に近付いた金曜日が目先の高値になる可能性は日柄だけでなく値幅の観点からも十分に考えられそうです。

 

 また1/14高値:28,979円→1/29安値:27,629円とした時のV値=30,329円であり、30,000円を超えた場合には30,300円付近も意識されそうです。

f:id:y-yamachan:20210212232047p:plain

 その他の中長期目線での値幅計算は過去の記事を参照ください。

過去チャートの類似点

 現在は右肩上がりの緩やかな上昇トレンドを継続しており、先週記載したように2015年4月以降のチャートと類似している可能性もありそうです。

f:id:y-yamachan:20210212232150p:plain

 2015年のチャートでは安値→高値の周期が「17日」で動いていることから、今回も「9日」「26日」だけでなく「17日」の日柄もしっかりと意識する必要がありそうです。

f:id:y-yamachan:20210212232337p:plain

TOPIX

 TOPIXは2018年1月の高値を上抜けました。先週末の時点で直近高値を上抜けていたことから日経平均株価よりも強い動きをしている様子が伺え、個別株全体に勢いが感じられる地合いとなっています。

f:id:y-yamachan:20210212232410p:plain

 上昇の勢いが継続すれば1991年戻り高値である2,020ポイント付近が意識される展開も視野に入りそうです。

f:id:y-yamachan:20210212232505p:plain

指標

 25日騰落レシオは120を超えて過熱感を示す水準に入ってきました。過熱感が出てきたことから利益確定が進み、上値が重たくなる展開も想定できそうです。

f:id:y-yamachan:20210212232547p:plain

 空売り比率は40以下の低水準で推移しているため、現在は株価が大きく下がりにくい環境であると考えられます。

f:id:y-yamachan:20210212232604p:plain

 先週の投資主体別売買状況は海外勢が大幅に買い越し、個人が大幅に売り越しており、またしても海外勢と個人の動きが反対となっています。

 今週の上昇で海外勢がどの程度買い越しているのか?反対に少しずつ利益確定が進んでいるのか?来週発表の投資主体別売買状況で確認していきます。

f:id:y-yamachan:20210212232639p:plain

来週の戦略

 前述の通り、+1σをサポートとしたバンドウォークが継続していることをメインシナリオとして立ち回ります。

 +1σを割れた時には+2σが収束に向かう動きをしていると考えられえるため、+2σを上値目途としたBOX相場に入る可能性もあるとしてシナリオを随時変更していきます。

 BOX入りした場合には28,800円(これまでの上値)~29,700円を目先の値幅と想定します。

f:id:y-yamachan:20210212232845p:plain

 その他に、28,800円付近を中央値として27,600円~29,700円の値幅で株価が動く可能性も想定しておきます。

f:id:y-yamachan:20210212232916p:plain

意識する日柄

・1/14高値から26日目の2/19

今週の日経平均株価分析(2月1日~5日)

 こんにちは、ヤマちゃんです!

 

 今週はアメリカの追加経済対策成立期待や米経済指標の改善で米国株が上昇したことを背景に日経平均株価も上昇しました。

 そして先ほど(20時過ぎ)アメリカで200兆円の経済対策案が可決されたと報道がありました。

 経済対策案の可決で材料出尽くしとなるのか?株価の上昇に更なる拍車をかけるのか?現時点では答えが見えていませんが、来週以降の株価の動きを追って答えを確認していこうと思います。

 それでは、今週の日経平均株価を振り返っていきます。

 

週足

 今週は先週の下落から一転、陽の丸坊主に近い大陽線を形成して下落分を全て取り戻す「行って来い」の一週間となりました。

 ローソク足は「陰陽の包み線」を形成し、再度上昇を期待させる組み合わせとなっています。

 しかしながら、高値圏での「陰陽の包み線」は「最後の抱き線」である可能性もあり、前者であれば「買いサイン」後者であれば「売りサイン」と考え方が正反対になります。

 来週以降、週足として高値更新をする陽線形成となるか、高値を更新せずにローソク足の実体の中で収まる、もしくは陰線形成となるのかをしっかりと見極める必要があります。

f:id:y-yamachan:20210205211344p:plain

 上昇過程における高値圏で「陰陽の包み線」もしくは「最後の抱き線」を形成した場面として2000年1月、2015年4月、2017年2月の動きが参考になるかもしれません。

 2000年は翌週にコマ足陰線を形成しましたが、上昇を継続しています。

f:id:y-yamachan:20210205211407p:plain

 2015年、2017年は翌週に大きめの陰線を形成して保ち合いが継続しています。

f:id:y-yamachan:20210205211422p:plain

 先週、今週のローソク足の組み合わせが「買いサイン」と「売りサイン」どちらになる可能性が高いかは、来週のローソク足が陰線を形成した場合、陰線の大きさが一つの判断材料になりそうです。

 陽線を形成して高値を更新するのであれば素直に「買いサイン」として判断していきたいと思います。

日足

 先週の分析に記載したように、今週月曜日は金曜日の安値を窓を空けて割らずに寄り付いたことから「続落」の可能性よりも「BOX」の可能性が高くなり、「買い」を入れる場面となりました。

 週末にかけて直近高値に近付いてきたことからも、結果的に27,600円~28,900円のBOX相場が形成されていると判断できそうです。

f:id:y-yamachan:20210205212537p:plain

 月曜日の寄り付きから株価は上昇に転じる展開となりましたが、15分足で今週の動きを見ると、過去の支持や抵抗を1つ1つ丁寧に確認している様子が伺えます。直近高値付近に近付いた金曜日は「売る動作」が必要な場面であったと考えます。

f:id:y-yamachan:20210205212602p:plain

 ボリンジャーバンドを見ると金曜日の引けにかけて+1σを回復し、-2σ~+2σまで全てのバンドが上向きに転じています。

f:id:y-yamachan:20210205212629p:plain

 +1σをサポートとしたバンドウォークが再開した可能性もあるため、来週以降は+1σを絡めた株価の動きにまずは注意する必要がありそうです。

f:id:y-yamachan:20210205212651p:plain

過去チャートの類似点

 今週特に印象的だったのは5日線と25日線の動きです。5日線と25日線がデッドクロスしかけたものの、25日線との接触を避けるように再度上昇に転じました。

f:id:y-yamachan:20210205212806p:plain

 同じ様な5日線と25日線の動きが見られた場面としては、2017年11月以降の保ち合い、2019年11月以降の保ち合いが参考になるかもしれません。

 2019年11月の場面では直近高値から1ヶ月程度、25日線を押し目とした下値切り上げ型の三角保ち合いを形成した後に上抜けし、2ヶ月程度のBOX相場を経て最終的に暴落しました。

f:id:y-yamachan:20210205212846p:plain

 2017年11月の場面でも直近高値から25日線を押し目とした2ヶ月程度の下値切り上げ型の三角保ち合いを形成した後に上抜けし、再度高値圏での保ち合いの後に暴落しました。

f:id:y-yamachan:20210205212905p:plain

 また、2019年、2017年共に三角保ち合いの最中は直近高値およびボリンジャーバンドの+2σが上値抵抗となっている傾向が見られます。

f:id:y-yamachan:20210205213032p:plain

f:id:y-yamachan:20210205213046p:plain

 来週以降の株価の動きで1/14高値である28,979円を明確に上抜けない限りは、直近高値および+2σが上値の目途として意識される可能性が考えられます。

 

 その他に2015年4月の場面では右肩上がりの平行チャネルが引ける緩やかな上昇トレンドが継続しました。

f:id:y-yamachan:20210205213126p:plain

 緩やかな上昇トレンドが継続する場合は概ね-1σ~+2σの間で株価が動くことを想定し、25日線や-1σが押し目買いのポイントとなります。

f:id:y-yamachan:20210205213150p:plain

 直近高値を上抜けすることができない場合は、2020年のコロナショックや2015年のチャイナショック直前のBOX相場が形成されている可能性もあると考えることができそうです。

f:id:y-yamachan:20210205213222p:plain

f:id:y-yamachan:20210205213248p:plain

 いずれにせよ直近高値を明確に上抜けられない限りはBOXを形成する可能性が高いため、1/14高値から2ヶ月~3ヶ月程のBOX相場に入ることも想定しておきます。

 また、今回参考にしたチャートでは保ち合いの後に暴落に転じていることから、今回も保ち合いの後に暴落に転じる可能性が無きにしも非ずであることをシナリオの1つとして想定し、今のうちから建玉を整理しておいても良さそうです。

TOPIX

 日経平均株価と異なる動きをしたTOPIXは直近高値を終値ベースで上抜きました。

 窓の下限を埋めることなく月曜日に寄り付いたことから「下に行きたくない」という意思が感じられる株価の動きとなっています。

f:id:y-yamachan:20210205213448p:plain

 直近高値を上抜いたことで2018年1月高値の1,911ポイントが視野に入ってきました。

 日経平均株価よりも強い動きをしていたことから、個別株の強さが伺える1週間でした。

f:id:y-yamachan:20210205213509p:plain

指標

 25日騰落レシオは過熱感を示す120に近付いてきました。TOPIXが2018年1月高値を目指して上昇すると同時に騰落レシオが120に達するというシナリオが今後は想定できそうです。

f:id:y-yamachan:20210205213543p:plain

 先週記載した空売り比率の傾向は2019年のパターンが該当する形となりました。今週の上昇理由としては空売りの買戻しも影響していると考えられそうです。

f:id:y-yamachan:20210205213609p:plain

 先週の投資主体別売買状況は2週続けて海外勢が売り越し、個人が買い越しという構図になりました。海外勢が徐々に利益確定を進めているのか気になるところなので、来週発表される2月第1週の投資主体別売買状況での海外勢の動向を確認していきます。

 一方で個人(信用)は強気で4週連続買い越しています。個人(現金)も含めて少しでも調整したら「買い」というスタンスが見て取れます。

f:id:y-yamachan:20210205213716p:plain

来週の戦略

 今週の株価が続落しなかったことから、現在の株価の位置が2018年1月に類似しているというシナリオは一旦なくなりました。

 その上でボリンジャーバンドのバンドウォークが再開して直近高値を更新していくか否かを最初に確認していきます。

 直近高値を明確に上抜けできなければ27,600円~29,000円のBOX相場が継続しているという前提で立ち回ります。

f:id:y-yamachan:20210205213832p:plain

 また2019年、2017年の様に25日線を押し目とした下値切り上げ型の三角保ち合いを形成しているシナリオもあるため、25日線まで押した場合には「買い場」になる可能性があることも想定しておきます。

f:id:y-yamachan:20210205213855p:plain

 現状は上昇トレンドが継続中であるため先週同様に「上向き対応のBOX」という形で来週は立ち回ろうと思います。

意識する日柄

・1/29安値から9日目の2/10

・1/6安値から26日目の2/12(SQ日)

前言撤回!Rakuten UN-LIMIT Vを継続します!

 こんにちは!ヤマちゃんです。

 

 1/29(金)に楽天モバイルから待ちに待った新料金プランが発表されました。

 楽天モバイルの1年無料を早期に契約した使用者の対象期間が終了する2021年4月上旬を目掛けて、キャリア大手3社が続々と月間データ容量20GBで新プランを発表し楽天モバイルからの乗り換えを促す戦略に「楽天危うし!?」と感じていましたが、やはり楽天も動いてきましたね。

f:id:y-yamachan:20210131155742p:plain

 以前の記事では、Rakuten UN-LIMITの1年無料の使用期間が終了したら楽天モバイルの契約を更新せずに他社の回線に乗り換えると書きました。  しかし、今回の新料金プランの発表を受けて私のようなライトユーザーにも恩恵があることが分かりましたので、1年無料期間が終了しても楽天モバイルを継続することに決めました。

 

 この記事では私が楽天モバイルを継続するに至った理由を綴っていきます。

Rakuten UN-LIMIT VIのコンセプト

 楽天モバイルから発表された新料金プランのコンセプトはキャリア大手3社とは一線を画すものとなっています。

 

 キャリア大手3社の新プランは

月額料金が定額でデータ使用量に上限(20GB)がある

 

 一方、楽天モバイルの新プランは

データ使用量に応じて月額料金を段階的に上げていく

 ということで、月々のデータ使用量が少ないライトユーザーにもメリットがある内容となっています。

f:id:y-yamachan:20210131183236p:plain

Rakuten UN-LIMIT VIの料金プラン

 新料金プランは月々のデータ使用量に応じて4段階設定されています(価格は税抜き)。

0~1GB:0円/月

1~3GB:980円/月

3~20GB:1,980円/月

20GB~:2,980円/月 

f:id:y-yamachan:20210131155639p:plain

楽天エリア回線以外での高速通信は5GBまで(超過後は最大1Mbpsで使い放題)

 楽天基地局接続時はデータ無制限

 

新料金プラン発表前は

楽天回線エリア内では5Gを使い放題

楽天回線エリア以外では5GBまで高速通信(超過後は最大1Mbpsで使い放題)

という条件で2,980円/月の料金体系でした。

 

 データ使用量に関係なく一律2,980円の月額料金が発生するのでライトユーザーには魅力を感じる内容ではありませんでした。

筆者のデータ使用量は?

 ライトユーザーにも魅力的ということで、私のデータ使用量を振り返ってみます。

 Rakuten UN-LIMIT V回線を開通させた2020年12月は2.28GB

f:id:y-yamachan:20210131155709p:plain

  2021年1月(ただし1/30日時点)は2.49GB。

f:id:y-yamachan:20210131155722p:plain

 回線を契約して2ヶ月が経過しましたが3GB以内のデータ使用量で収まるため、新料金プランに当てはめると支払料金は980円/月になります。

 これまではLINEモバイル(データ使用量3GBで1,480円/月)への乗り換えを検討していましたが、楽天モバイルの方が同じ使用量で500円/月(6,000円/年)安いという計算になります。

SPU+1倍も継続

 新料金プランになっても楽天市場でのSPU(スーパーポイントアッププログラム)+1倍は継続されるので、楽天市場で買い物をするユーザーにとってはうれしい限りです。

 先日楽天ゴールドカードのSPUの内容が改定(+4倍から+2倍に減少)されたことで楽天ユーザーの減少が懸念されましたが、企業としてもユーザー離れは避けたいので新料金プランとSPU+1倍継続で何とか繋ぎ止めたところでしょうか。 

迷ったら1年無料を試してみよう!

 まだまだインフラ整備が必要で「十分」とは言えない楽天モバイルであるため、「使用してみたいけど通信速度や通信できる範囲が不安」と感じている方もいらっしゃると思います。

 そんな方は1年間無料を試してみてはいかがでしょうか?

 Rakuten UN-LIMIT Vは300万人限定で1年間無料キャンペーンを2020年4月から行っており、すでに220万人超の申し込みが済んでいるようです。残すは80万人弱。

 今すぐ申し込めば1年間は無料で使用できるため、楽天モバイルを継続するかどうかは使用して決めてみてはいかがでしょうか?

 私も母(月に1GBも使用しない 笑)に提案してみます。

おわりに

 いかがでしたしょうか?

 全員に楽天モバイルを使用するメリットが当てはまる訳ではありませんが、この記事が楽天モバイルの契約を迷っている方にとって少しでも参考になれば嬉しい限りです。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

今週の日経平均株価分析(1月25日~29日)

 こんにちは、ヤマちゃんです!

 

 日米で決算発表が本格化する中、今週はアメリカのゲームストップ社の株価急騰が話題になりました。

 アマチュア投資家集団がヘッジファンドを大損させるという映画のような出来事(映画化されたら面白いかも!?)が実際におき、改めて仕手化した株の怖さを思い知らされました。

 

 もしかしたらゲームストップで損失を被ったヘッジファンドが、損失を利益で相殺するために株を売り払ったことで日経平均株価を始め、各国の株価指数が下落したのではないか?と勝手に妄想しております。

  

 私は値動きが激しい銘柄は好きではないため、落ち着いて見ていられる日経225銘柄とこれからも長く付き合っていくつもりです。

 それでは、今週の日経平均株価を振り返っていきます。

月足

 前半は高値を更新する勢いが見られましたが、45日前ルールの影響なのか?中旬から月末にかけては上値が重い展開が続き、月足としてはトンカチに近い長い上髭を形成する1ヶ月となりました。

 過去に月足が高値圏で長い上髭を形成した年は2013年5月、2018年1月に見られ、いずれもその後は値幅調整を挟む展開となっています。1月が共通していることから、今後の展開は2018年1月のチャートが参考になるかもしれません。

f:id:y-yamachan:20210130010908p:plain

週足

 今週も先週に引き続き高値を更新する展開とはならず、週足としては「陰の大引け坊主」に近いローソク足となっています。

 また、先週のローソク足と合わせると「陽陰の包み線」を形成し、高値圏では下落の警戒サインが点灯しています。

 過去にも、2018年10月、2020年1月に週足が「陽陰の包み線」を形成しており、その後はいずれも大きく下落する展開となっています。

f:id:y-yamachan:20210130010959p:plain

 その他に、2007年2月、2013年5月に大陰線を伴った「陽陰の包み線」を形成した場面があり、いずれも26週線に押している傾向が見られます。

 来週以降も下落が進む展開が見られるのであれば、26週線が走る25,000円付近まで将来的に調整する可能性があることを注意したいと思います。

f:id:y-yamachan:20210130011045p:plain

 週足レベルで見た値幅調整の目安をフィボナッチで探ってみます。

 2020年6月安値→2021年1月高値で見た場合、38.2%押し=26,100円付近50%押し=26週線が走る25,000円付近となります。

f:id:y-yamachan:20210130011131p:plain

 2020年3月安値→2021年1月高値で見た場合、23.6%押し=心理的節目でもある26,000円付近38.2%押し=これまで何度も上値を抑えてきた24,100円付近となっており、週足レベルで見ると24,000円、25,000円、26,000円と1,000円刻みでフィボナッチが重なってきています。

f:id:y-yamachan:20210130011317p:plain

日足

 28,100円~28,900円のBOXを木曜日まで維持する展開ではありましたが、金曜日にBOX下限を下抜けし、下落の勢いそのままに25日線も割ってきました。

f:id:y-yamachan:20210130011304p:plain

 大陰線(陰の寄り付き坊主)でBOXを下抜けしたことで下落に転換したと思わせる週末ではありますが、金曜日の終値は年末から年明けにかけて上値を抑えていた27,600円のラインで止まっていることもあり、「過去の上値抵抗が将来の下値支持」になるのであれば「買い場」と考えることもでき、「買う理由」と「売る理由」が混在する非常に悩ましい展開となっています。

 もし来週以降も下落が続くのであれば、2020年12月に上値を抑えた26,900円水準が次なる下値の目途として意識されそうです

f:id:y-yamachan:20210130011345p:plain

 悩ましい展開ではありますが、BOX下限を下抜けした事実に変わりはないので、下落の目途をN値、E値、V値を用いて探ってみます。

1/14高値28,979円→1/18安値28,111円→1/21戻り高値28,846円とした場合、

 N値=27,978円で木曜日に達成しています。

f:id:y-yamachan:20210130011505p:plain

 E値=27,243円

f:id:y-yamachan:20210130011537p:plain

 V値=27,376円となり、続落した場合、27,300円~27,400円が目先の下値目途になりそうです。

f:id:y-yamachan:20210130011623p:plain

 27,300円~27,400円は日足レベルで見た時の12/8安値→1/14高値の61.8%押しの水準とも重なってきており、下値の目途として意識される可能性がありそうです。

 ちなみに、上述した27,600円ラインは50%押し水準とも重なっており、金曜日で調整が終了した可能性が無いとも言い切れない状況となっています。

f:id:y-yamachan:20210130011753p:plain

過去チャートの類似点

 来週以降の展開としては2018年1月のチャートが参考になるかもしれません。

 2018年1月は今回と同様に、高値保ち合いの後に陰線でネックラインおよび25日線を下抜けし、大幅な調整をしています。2018年1月は高値から16日の日柄で一旦下げ止まり、最終的には43日目で大底を打つ展開となっています。

f:id:y-yamachan:20210130011852p:plain

 今回は1/14の高値から12日の日柄であり、「17日」の日柄が意識されるのであれば日柄的には不十分となるため、来週の金曜日まで下落が続く余地が残されています。f:id:y-yamachan:20210130011952p:plain

 その他に「陰線でネックラインと25日線を同時に下抜け」した場面を過去のチャートから探ってみると2つの傾向が見られます。

 2019年5月は翌日以降も下落。

f:id:y-yamachan:20210130012040p:plain

 2012年4月も翌日以降下落。

f:id:y-yamachan:20210130012119p:plain

 2006年1月、2007年2月も翌日以降下落。

f:id:y-yamachan:20210130012145p:plain

 一方、2020年6月は翌日以降保ち合い。

f:id:y-yamachan:20210130012212p:plain

 2014年1月も翌日以降25日線に絡んだ保ち合いで、後に下落。

f:id:y-yamachan:20210130012245p:plain

 2011年1月および3月は翌日以降保ち合いで、25日線の向きが下向きになった後に下落。

f:id:y-yamachan:20210130012322p:plain

 2006年4月も翌日以降保ち合いで、25日線の向きが下向きになった後に下落。

f:id:y-yamachan:20210130012359p:plain

 これらのチャートから見られる傾向として、

陰線翌日の寄り付きがローソク足の実体の中で始まると保ち合い、窓を空けて下で始まると続落

と2パターンに分かれるため、月曜日の寄り付きの位置には注意したいと思います。

TOPIX

 上値切り下げの三角保ち合いを形成していたTOPIXは、セオリー通り下抜けする展開となりました。日経平均株価同様に、TOPIXも12月に保ち合いを形成した上値付近および窓の下限で下げ止まっているようにも見えるため、月曜日以降に窓を埋めるか否かをまずは注視していきたいと思います。

f:id:y-yamachan:20210130012820p:plain

指標

 日経平均株価が続落する中、25日騰落レシオは先週と変わらず、過熱感は見られない水準となっています。現在の水準から80に向かうのであれば、来週以降も下落する展開となりそうです。

f:id:y-yamachan:20210130012841p:plain

 空売り比率は久しぶりに50超えを記録しました。

f:id:y-yamachan:20210130012858p:plain

 空売り比率が50超えを記録した翌日以降の株価の動きの傾向を2019年、2020年のチャートから探ってみます。2019年は50超えを記録した当日もしくは翌日で株価が下げ止まっています。

f:id:y-yamachan:20210130012922p:plain

 一方、2020年のコロナショック時は1回目に50超え記録した翌日以降も株価は続落し、2回目に50超えを記録してから底打ちまで5営業日程日数を要しています。

f:id:y-yamachan:20210130013002p:plain

 2019年の傾向が当てはまるのであれば、株価は金曜日の陰線で下げ止まった可能性があると考えることもできますし、2020年の傾向を当てはめるのであれば、来週末まで下落が続くと考えることもできそうです。

  先週の投資主体別売買状況は久しぶりに海外勢が売り越し、個人が買い越しという構図になりました。10月末から大幅に買い越してきた海外勢の利益確定が徐々に進んでいると考えることもできそうです。

 一方で個人(信用)は高値圏で3週連続買い越していることから、今週の下落で苦しい展開となっていることが想像できそうです。

f:id:y-yamachan:20210130013041p:plain

来週の戦略

 月曜日の寄り付きが窓を空けて下で始まるのであれば下への意識を強めにして立ち回ります。下落入りしたとしても、一旦反発するような展開があれば、これまでのBOX下限付近が戻り売りのポイントになる可能性もあるため、25日線の向きに注意しながら玉を建てていきます。

f:id:y-yamachan:20210130013133p:plain

 月曜日の寄り付きがローソク足の実体の中で始まるのであれば、27,600円~28,900円のBOXの可能性もあるとして立ち回ります。

f:id:y-yamachan:20210130013159p:plain

 先週まで想定していた+1σを下値サポートとしたバンドウォークのシナリオはなくなり、バンドが収束に向かい始めました。

f:id:y-yamachan:20210130013236p:plain

 下落したと場合、上向きの-1σ、-2σで下げ止まることも想定されますが、2018年1月のようにバンドが収束に向かうと見せかけて下へのバンドウォークが始まる可能性もあるため急落には注意します。

f:id:y-yamachan:20210130013406p:plain

意識する日柄

・1/14から17日目の2/5